ファイブファクターダイエットの効果は凄い!方法と口コミも公開します

女性 スプーン フォーク

今、海外セレブの間で流行っているダイエットを知っていますか?
食事回数を1日3食から5食に分けて食べる「ファイブファクターダイエット」です。

あのレディー・ガガも実践しており、1~2カ月半で11㎏痩せたとの報告があるほどです。

今回は、ファイブファクターダイエットのやり方や効果などについて紹介します。

スポンサーリンク

ファイブファクターダイエットとは

ファイブファクターダイエットとは、ハリウッドセレブの専属トレーナーであるハーレイ・パスターナックが考えたダイエット方法です。

「1日の食事を5回に分けて食べる」「週5回運動をする」「5つの食事ルールがある」「5週間続ける」というルールがあり、
全てに「5」という数字が入っていることから「ファイブファクターダイエットと言われています。

これらのルールの他に、
ダイエットによるストレス防止のためにダイエットを1日休む日を作るというルールもあるので、
ダイエットが継続できます。

ファイブファクターダイエットのメリットとデメリット

女性 お腹

ファイブファクターダイエットのメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

    食事と運動による効果でストレスなく痩せる事が出来る
    食事制限だけなど一つの方法だけでは、スムーズに痩せる事は正直難しいです。
    スムーズに痩せるには、食事と運動の両方を取り入れる事が重要です。

    ファイブファクターダイエットの食事と運動の内容は、
    ルールがありますが単純なものばかりなので、身体・精神的に負担なく続けられます。

    血糖値の上昇を抑えられる
    1日5食食べるので、一度の食事量が少ないことから血糖値の上昇を抑えられます。
    一度の食事で食べる量が多いと、血糖値が急上昇し食べた分だけ脂肪として蓄積されてしまうので、
    5回の食事の際は食べ過ぎに注意です。

    1日5食の生活を続ける事で、血糖値の急上昇をコントロールでき脂肪に蓄積されにくくなります。
    血糖値が上昇しやすい食材を避けて、血糖値が上昇しにくい食材を使った食事が大事です。

    空腹を感じにくくなる
    1日5回の食事になるので、食間が短くなり空腹を感じにくくなります。
    1回の食事の際に噛む回数を増やすことで、満腹感を得やすく少量の食事量で済みます。

デメリット
1日5食というルールは、会社員や学生の方には食事時間の確保が難しい点があります。
そのため、会社員や学生にはおススメしにくいダイエット方法でもあります。
逆に、時間の確保がしやすい主婦におススメです。

ファイブファクターダイエットの食事のルール

女性 朝食

ファイブファクターダイエットの食事のルールについて詳しく紹介します。

    食事の間隔を同じにする
    1日5食の食事間隔をなるべく同じようにするとダイエット効果が高まります。
    日中起きている時間を5で割って出た時間に食事間隔を合わせると良いです。

    例:7時起床/11時就寝の場合、起床から就寝までの時間は16時間あるので、
    5で割ると約3時間の食事間隔となります。

    起床して最初の食事時間から3時間間隔で食事を摂る感じになります。

    炭水化物を米やパンではなく豆・野菜から摂る→ジャガイモやかぼちゃがオススメ

    血糖値を上昇させにくい食材(低GI値の食材)を選ぶ

    脂質が少ない良質なたんぱく質を含む食材を摂る→赤身肉や青魚、卵白等がおススメ

    1食ごとに5~10gの食物繊維を摂る→野菜・果実の皮は食物繊維が豊富なので、皮ごと温野菜で食べるのがおススメ

    脂質は良質な油で摂取する→エキストラバージンオイル・えごま油・菜種油は、不飽和脂肪酸や必須脂肪酸などを含んでいるのでおススメ

    十分な水分補給が必要→水・お茶・コーヒー(無糖)・紅茶(無糖)など糖分がない飲料水がおススメ。

    1日だけダイエット開放日を作る(1日だけ好きな物を食べられる)→ダイエットによるストレスを防ぐため

食べ過ぎを抑えるポイント

1日5食食べる事から食間の間隔が短いので、「また数時間後に食べるから」と思うようになるので、1食の食事量の食べ過ぎを防げます。

 メニューにふさわしい食材は

ファイブファクターダイエットの食事作りで、ダイエット食事におススメの食材を紹介します。

    大豆製品
    納豆などの大豆製品は、高タンパク・低脂質、食物繊維が豊富です。
    大豆製品は、脂質が少ない低脂質なので、脂質を気にすることなく食べられます。

    低GI食品
    穀類:全粒粉パン/パスタ・フレーク・麺類(そば)・玄米(発芽玄米)

    野菜・果実:いも・でん粉類・種実類(かぼちゃなど)・レタス・こんにゃく・
    グレープフルーツ・ピーマン・しらたき・いちご・ほうれん草・アーモンド・アボカド

    皮なしの鶏肉
    お肉でも鶏肉は豚肉などより脂質が少なくタンパク質豊富なので、おススメです。
    鶏肉を使う際は、皮を取り除きましょう。

    皮付きのままだと皮なしよりカロリーが120kcal、脂質が15.0gの差があるので、
    鶏肉を調理する際は余分な皮・脂を取り除いて摂るように意識してみてください。

ファイブファクターダイエットの効果は

腹囲 メジャー

ファイブファクターダイエットの効果について紹介します。

    食べ過ぎ防止
    普通の食事パターンだと食間は6時間程度あるので、空腹感を感じて食べ過ぎてしまいがちですが、
    ファイブファクターダイエットは食間3時間程度であるため、
    空腹感を感じにくく食事の際に食べ過ぎを防ぐことができます。

    血糖値の上昇を抑える
    通常の食事通りだと食べた分だけ血糖値が急上昇し、
    上昇した分だけインスリンが分泌されてしまい脂肪が蓄積されやすくなります。

    ファイブファクターダイエットでは、1日5回食事するので食事量が通常の食事より減り、
    血糖値の上昇を抑えられ、インスリンの分泌も少なくなり脂肪の蓄積を抑えられます。

    自然にカロリーダウンができる
    ファイブファクターダイエットの食事ルールを守れば、
    自然とカロリーダウンができるようになります。

    食事ルールも栄養バランスが摂れる内容なので、
    ダイエットで起こりがちな代謝の低下や体調不良を防げます。

    ストレスを感じることがなく続けられる
    食間が短いことから空腹感を感じにくく1週間に1回はダイエットを休む事ができるので
    ダイエットによるストレスが発生しにくくダイエットを継続できます。

ファイブファクターダイエットの注意点

食事 注意

一日の食事を5回に分けて食べるというルールですが、
通常の3食に2食分を増やすという意味ではありません。

ファイブファクターダイエットの1日5食というのは、
1日の食事の総摂取カロリーを5で割り、1食分のカロリーを少なくして食事するということです。

5食分通常通りの食事をしたら明らかにカロリーオーバーになってしまいます。

5食に分けて食べるとはいえ、5回目の食事時間が遅いと逆に脂肪として蓄積されやすくなるので、
最後の食事は早い時間に済ませておくのが良いです。

ファイブファクターダイエットの口コミ

女性 聞き耳

ファイブファクターダイエットの口コミを調べてみた所、日本での口コミは少ないですね。

日本では、女優の北川景子が実践中だったり、
他の人では「2週間で2㎏減量した」との口コミがあります。

口コミ数が少ないのは、海外のセレブに人気のダイエット法ですから、
まだ日本に浸透しきれていないのでしょう。

発祥元の海外では、有名人の成功体験によりファイブファクターダイエットの人気が高まっています。

海外有名人
歌手のジェシカ・シンプソンは、2ヶ月で11kgの減量に成功
レディー・ガガもファイブファクターダイエットで痩せたとの報告あり
韓国歌手パク・ボラムは、32㎏の減量に成功(デビュー前から行っていた)

これらの口コミから、過度な食事制限ダイエットではないので、
ストレスを感じる事無く痩せられたのでしょう。

まとめ

女性 食事

やはり、ダイエットは過度な食事制限では痩せられない/続けられないということですね。
1つの食材だけを食べるというダイエットは必ず、飽きてしまいストレスも溜まってしまいます。

また、栄養バランスも崩れてしまい、結局暴飲暴食や継続が困難になるのが目に見えています。

健康的に痩せられてストレスなく継続できるようにするには、
ファイブファクターダイエットのようなきちんとした食事方法が一番適しているということですね。

ダイエット中の食事でストレスなく痩せたいと考えている人は、
ファイブファクターダイエットを試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です