ボジョレーヌーヴォーの解禁日はなぜ決まってる?今年の解禁日と楽しみ方

毎年秋ごろになると、ボジョレーヌーボーボの解禁日が大きな話題となりますね。世界的に人気のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日や人気の理由などについて紹介します。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーヴォーの解禁日はいつ

赤ワイン

2021年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月18日となっています。

ボジョレーヌーヴォーの解禁日はなぜ決められている

ボジョレー・ヌーヴォーが11月に、世間に出回るようになったのは1951年。

11月に出回るまでは、フランス政府がフランス製の全てのワインを12月15日より前に販売する事を禁じていました。

しかし、生産者たちがボジョレー・ヌーヴォー特有のフレッシュさを売りに出したいと政府に直談判し、12月15日より早めに販売する事が認められました。

早めに販売する事が認められたことで、生産者同士の販売競争が激化してしまったため、質の悪いワインが多く出回るようになります。

ワイン大国であるフランスにとっては質の悪いワインの流通は由々しき問題となり、1967年に政府は、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を11月15日と設定しました。

しかし、ワインの運送業者の休みが解禁日と被ってしまうため、11月15日ではなく11月の第3木曜日を解禁日に変更されました。

ボジョレーヌーヴォーが世界的に盛り上がる理由

大人 ワイン

フランスのワインは、製造過程が長いため翌年以降に飲むことができます。

ボジョレー・ヌーヴォーは、特殊製法により9月に収穫してから2カ月程度で販売でき、フレッシュで渋みが少なく口当たりが軽い味わいのため、ワインを飲み慣れていない人でも飲みやすい特徴があります。

また、ワインと言うと高いイメージがありますが、ボジョレー・ヌーヴォーはお手頃価格で手に入ります。

特に、日本の入荷量はトップレベルで、ボジョレー・ヌーヴォーの味が日本人に合う事とバブル時代に流行ったことが現在も人気の理由とされています。

ボジョレーヌーヴォーは白ワインはないの?

白ワイン

ボジョレー・ヌーヴォーには白ワインはありません。赤ワイン用のブドウ(ガメイ種)でしか作るのを禁止にしているからです。

ボジョレー・ヌーヴォーの白ワインを作ろうにも、原材料である白ブドウ(シャルドネ種)が希少のため、生産量も1%程度しか作れません。

ボジョレー・ヌーヴォーの白ワインがないだけで、普通の熟成された白ワインは作られています。

ボジョレーヌーヴォーとはいったい何?普通のワインとの違い

ワイン 葡萄

ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランスのボジョレー地区でその年に収穫した葡萄(ガメイ種)を醸造した新酒ワインのことです。

ボジョレー・ヌーヴォーと普通のワインとの違いは、味と醸造法が異なります。

通常のワインは、葡萄を粉砕・圧搾・発酵させますが、ボージョレ・ヌーヴォーは、マセラシオン・カルボニック法という通常のワインの製造法とは異なる製造方法で作られています。

    葡萄を粉砕せずに、専用のタンクへ投入して発酵させる
    (粉砕しなくてもタンク内で葡萄の重みで下層にあるある葡萄がつぶれていきます。)
                 ↓
    タンク下部に溜まった果汁が自然発酵を起こす
                 ↓
    密閉して炭酸ガスが充満させて、数日置く
                 ↓
    タンクの上部にある葡萄は潰れていないが、発酵が進むことでつぶれていないブドウがリンゴ酸によって分解され、アルコールが生成される

これらの工程によりルビーのような鮮やかな色になります。この製法を「マセラシオン・カルボニック」と言います。

ボジョレーヌーヴォーの楽しみ方

赤ワイン

ボジョレー・ヌーヴォーは、フレッシュな味わいが特徴ですから、フレッシュな内に飲んだ方がいいです。購入後はなるべく2~3カ月以内に飲むようにしましょう。

通常のワインには渋み成分である「タンニン」が含まれており、冷やすと渋みが増してしまいます。ボジョレー・ヌーヴォーは、逆に冷やすことで、フレッシュでスッキリとした味わいを美味しく楽しめます。

冷蔵庫で1時間程度冷やし、やや口の狭いグラスで飲むと香りを逃すことなく楽しめます。

食事の際も、フレッシュな味わいなので魚料理やさっぱり系のサラダ、クラッカー・チーズなどのさっぱりで薄味の料理がおススメです。

ボジョレーヌーヴォーのおすすめ5選

ワイン

ボジョレー・ヌヴォーのおススメ5選を紹介します。

ボジョレーヌーヴォーと合うおとも(つまみ)

ワイン おつまみ

ボジョレー・ヌーヴォーに合うおつまみを紹介します。

    チキンのローズマリーソテー
    筋切りにした鶏もも肉(1枚)の表面をフォークで数か所穴を開ける
               ↓
    ローズマリー(葉付き1枝)、塩コショウ(少々)を鶏もも肉に揉み込む
               ↓
    フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を引き、にんにく(薄切りした1片分)を炒めたら、一度にんにくを取り出す
               ↓
    鶏もも肉を焼き、焼き目が付いたら皿に盛りつけ、レモン(2切れ)と取り出しておいたにんにくを付け合わせて完成

    アンチョビポテトサラダ
    アンチョビフィレ(5枚)をみじん切りに、ジャガイモ(3個)は一口大に切る
                  ↓
    カットしたジャガイモを茹でて、熱いうちにアンチョビとオリーブオイル(大さじ1)を混ぜる
                  ↓
    ジャガイモが冷めたらマヨネーズ(大さじ2)と塩コショウ(適量)を振って完成

    餃子の皮ピザ
    餃子の皮を天板に引いたクッキングシートに並べる
                 ↓
    皮の上に「ちぎったブルーチーズ」「しらすと溶けるチーズ」「桜エビと溶けるチーズ」の組み合わせを乗せる(お好みの具材でもOK)
                 ↓
    220℃のオーブンで8~10分焼けば完成

まとめ

ワイン

ボジョレー・ヌーヴォーを毎年楽しみにしている人が大勢います。ボジョレー・ヌーヴォーのフレッシュな味わいは、ワインを飲み慣れていない人でも飲めます。

ボジョレー・ヌーヴォーが気になる方は、今年の販売を機に購入してみてはいかかがでしょうか?

ついでに、今回紹介したボジョレー・ヌーヴォーについての記事を試しに読んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です